病院・医療機関向け導入のご提案

– FOR MEDICAL AGENCIES –


医療機関の皆様へ

患者様の集まる院内における感染予防はもとより、内視鏡洗浄をはじめとする様々な消毒洗浄、そして治療への強酸性電解水利用などに至るまで、永年多くの医療現場の皆様とともに電解水の活用と用途開発研究を進めてきた我々には、様々な提案が可能です。

電解水を扱って30年の経験と実績で、医療現場の様々な洗浄消毒をサポートします。


確実な院内感染予防

強酸性電解水が生む
強力かつ確実な院内感染予防

院内での強酸性電解水使用例

  • 床・壁・廊下の清掃
  • 手指の消毒
  • 医療器具の洗浄・消毒
  • 医療機器(内視鏡等)の洗浄・消毒
  • 患者居室(ベッド、食器台、椅子、床)の清掃
  • 治療台・診察椅子ドアの取っ手等の清掃
  • 患者の衣類、看護者の衣類
  • トイレ関係の洗浄消書
  • 食器・厨房機器の洗浄・殺菌
  • スリッパ、シューズ類・キャスター類・マット類の洗浄
  • 病理剖検室

治療への応用

  • 皮膚疾患の洗浄及び湯餌
  • 創傷・火傷・熱傷・糖尿病性壊症など難治性演瘍
  • 鼻腔炎・鼻閉垂・アレルギー性鼻炎・扁桃炎・咽頭炎の洗浄
  • びらん陰部・膀胱・痔の洗浄
  • その他特殊応用
    胃演瘍・十二指腸潰瘍患部の内視鏡にて洗浄術後治療

残留性がなく安心して利用可能

化学薬品のような毒性や刺激性がほとんどなく口腔粘膜刺激性試験、皮膚累積刺激性試験、眼刺激性試験、急性経口毒性試験、復帰突然変異試験、急性胃粘膜刺激性試験、コロニー形成阻害試験などの毒性試験において、まったく細胞毒性がない事が明らかにされています。

※(財)食品薬品安全センターにおいてのテスト結果


歯科医療に携わる皆様へ

歯科医療における信頼出来る消毒水とは?

酸性電解水は、殺ウィルス作用と殺菌作用があります。例えば、エイズ、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス等のウィルスやMRSA、インフルエンザ菌、緑膿菌、水虫、タムシ等の糸状菌、食中毒(O-157含)等のウィルスや細菌をほとんど瞬時に殺してしまう力があります。強酸性電解水は強い酸性で、少し酸味がありますが、体液、血液と反応した後、ただちに普通の水に戻りますので人体には無害です。

歯科領域に於ける強酸性電解水の臨床応用

軟組織疾患
アフタ性口内炎、ヘルペス、カンジダ症、根管内・ポケット内の洗浄・消毒、歯周炎、歯周病、歯槽膿漏
歯内療法
術前・術後の洗浄・消毒、抜歯、膿漏切開などの小手術
オーラルハイジーンメインテナンス
洗口剤として投与、老人・障害者の口腔内清掃、EO水によるブラッシング指導
インプラント手術時の応用
止血・消炎剤として、生理食塩水として、術前の器具消毒
歯科器具の消毒
エアタービンハンドピース、ミラー、ピンセットなどの診療器具、リーマー・ファイルなどの切削・形成器具、ゴム・プラスチック製品
院内環境の消毒
ユニットチェア、床面・壁、スリッパなどの施設内備品、トイレ・待合室
その他の応用
手指消毒、スタッフ・患者のうがい、洗顔、採取後の印象などの技工物消毒、白衣などのリネン類消毒



歯科医院のピュアスター導入メリット

感染予防・院内感染・etcに安心を・・・

感染予防・院内感染などに安心を・・・

【使用例】

  • 手洗いによる手指の除菌
  • 診療院内の除菌
  • 器具の洗浄除菌
  • 超音波洗浄器使用水として
  • 超音波スケーラーの外部注水として
  • 歯髄疾患・歯周病疾患及び感染根管の除菌
  • 抜歯前後の除菌
  • シリンジを用いたイリゲーション
  • 治療前の患者の洗口
  • 支台歯形成の洗浄・除菌
  • インプラント処置時の洗浄・除菌
  • 炎症部位の消毒・器具や装置の除菌
  • ティッシュコンディショナーの洗浄・除菌

清潔・安全を来院患者へアピールできる
退院との差別化でリピート率アップ

微酸性電解水は生体口腔粘膜への安全性及び殺菌等への複合的な作用によりプラークの沈着、
歯肉炎及び口臭などの予防に優れており歯科領域での様々な使用法に機体が持てるのではないかと考えられます。

導入費用/メンテナンス費用について

用途、使用量、工場図面などをご用意いただき、お問い合わせください。最適な構成を見積り、スピーディに提案させて頂きます。


導入コンサルティング・見積のご相談は

下記電話番号、またはメールフォームにてお気軽にご相談ください。

※ただいま、多数のお問い合わせをいただいており、返信に時間がかかる場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

お電話でのお問い合わせ



027-288-7711

メールフォーム

会社名
部署名
担当者名
ふりがな
メールアドレス
電話番号
--
郵便番号
-
都道府県
市区町村
以降の住所
お問合せ区分
お問合せ内容詳細